実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » 早めに売ろう、目安は何年?

早めに売ろう、目安は何年?

着物を売却するのに望ましいのは、何年ぐらい経ったころでしょうか?調査してみました。

着物の売却は早めの行動が重要!

着物は、洋服と同様に時間が経てば少しずつ劣化していきます。多くの場合は、状態が悪くなり、価値も下がっていきます。着用すればするほど着物は古くなってしまいます。

そのため、着物を売却するなら早いに越したことはないのです。処分した方がいい着物を見つけたら、早めに行動を起こしましょう。時間が立つほど査定額が下がってしまいます。

着物売却は「10年」がポイント

ところで、着物は何年経つとその価値が下がるのでしょうか?

目安とされているポイントは、「10年」です。10年目で査定額を大きく下げる買取業者が多いので、その前に売却するのが理想的です。いま売却を考えている着物が9年目のものなら、早めに買取専門店に連絡をしましょう。

8年目や9年目までは、価値の下落も大きくありません。それなりの金額で売却ができます。しかし、10年目というのは多くの業者にとって区切りのタイミングであって、ここを過ぎると「古いもの」と判断されてしまうのです。

着物は経年劣化を避けられない

例えば白いTシャツが年数とともに黄ばんでしまうように、着物も時間が経てば状態は悪くなります。着用することが増えても、やはり劣化してしまうことは避けられません。

できるだけ、状態のいい早い段階で買取査定を依頼することが大切です。

10年目でも売れないわけではない

かといって、10年経ったから買取してもらえない、というわけではありません。価値は下がってしまいますが、買取の対象にはなるので気にせず査定の相談をしてみましょう。

ただ、ものによってはヴィンテージとして古いものに価値が出ることもあります。それは専門家でないと価値を見抜けないので、着物の価値がわかる査定員のいる業者に依頼するとよいでしょう。

見積合計金額が高かったお店BEST3