実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » 購入時についていた反物の端切れには証紙がついている

購入時についていた反物の端切れには証紙がついている

着物買取査定額に大きく影響するのが「証紙」。どんなもので、どこで見つけることができるのか解説しています。

査定額を左右する「証紙」を探してみよう

着物の買取査定額は、「証紙」と呼ばれるものが残っているかどうかで大きく変わります。特にブランド物や作家物、有名産地のものなど、高級な着物は証紙が残っていれば査定額が大きく上がります。

では、証紙とは何なのでしょうか?どこにあるものなのでしょうか?以下で解説していきます。

証紙って何?

証紙というのは、着物を作った作家の名前や、産地が書いてある証明書。伝統工芸品であることを証明する組合が発行しているものです。織り元の名前や、検査合格印が押されているので、その産地の名前を語るのにふさわしい着物であることが証明できます。

産地の登録商標、機械織りか手織りか、絹100%の表示、染め方の表示なども、証紙に記載されています。着物の素性がわかる書類だということですね。

証紙はどこにある?

とはいっても、「何度も着た着物だけど証紙は見たことがない」「母からもらったものだから、証紙がどこにあるかわからなくて…」という方が少なくないことでしょう。

無くしてしまっている可能性もありますが、根気よく探してみるとまだ残っているかもしれません。

例えば、購入時についている反物に証紙がついているケースは多いようです。また、たとう紙の中に残っているのを見落としていることも。これを見落としてしまうと、査定額はかなり下がってしまいます。

パッと見て証紙が見つからなくても、そこで諦めずによく探してみましょう!

証紙がないものはニセモノ?

では、証紙がないものはニセモノなのでしょうか?

実はそういうわけでもありません。本当にある産地で作られた着物であっても、その産地の工芸組合に入っていない作家の作品であれば証紙はありません。

組合の基準ではなく自由に着物を作りたい、あるいは価格を下げて販売したいケースなど、作家が組合に入らない理由はいろいろ。決して偽物ではないのです。

ただ、買取査定の時にはやはり証紙がないと高額査定は受けにくいところ。証紙のない着物を購入するときは、注意が必要です。

見積合計金額が高かったお店BEST3