実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » 着物査定前に自分で補修・染み抜きすべき?

着物査定前に自分で補修・染み抜きすべき?

着物買取は、自分で染抜きするよりもそのまま売るのがベター。その理由を解説しています。

自分で染抜きするのはNG!着物買取ならそのまま査定に出そう

買取査定に出す着物に、シミやスレ、汚れがあったらどうしますか?クリーニングに出して染抜きをしたり、スレを直した方が高く売れると思いますよね。

しかし、買取に出すならそれはやめた方がいいのです。そのまま査定に出すことをおすすめします。では、なぜ染抜きや補修をしない方がいいのでしょうか?その理由を解説します。

染抜き・補修を自分でしない方がいい理由

染抜きや補修をしないで買取に出した方がいい理由は、以下のものが挙げられます。

料金が高額

着物をクリーニングに出すと、2,000〜5,000円ほどかかります。高価な着物ならともかく、一般的なものを買取に出すのにクリーニング代を使ってしまうと、手元にはあまりお金が残りません。

それなら、そのまま買取に出した方が結果的にはおトクです。

自分で染抜きするのは大変

自分で染抜きや補修をする方法もあります。ベンジンを使って染抜きをする方法がネットで紹介されていたりしますが、自分でやるのは大変です。

1着だけならまだいいのですが、大量の着物を処分するのに全部自分で染抜きしていたら、手間が膨大になってしまいますね。

しかも、自分でやると失敗のリスクもあります。染抜きや補修で失敗してしまうと、取り返しがつかなくなることも。失敗がひどいと、査定額が大きく下がってしまいます。

業者は自社で染抜きをしてくれるので問題なし!

では、染抜きや補修をせずに買取に出した時に、査定額が下がってしまったりしないのでしょうか?

着物の買取業者は、買い取った着物を自社でクリーニングしたり、補修したりします。シミやスレがあっても綺麗にして再利用できるので、あまり気にしないようです。

シミやスレがあると必ず減額されるというわけではないので、買取前に補修やクリーニングはしなくてもいいのです。

見積合計金額が高かったお店BEST3