実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » 帯が結構売れる!

帯が結構売れる!

着物の帯は、単体でも売れます。名古屋帯、袋帯、丸帯など、帯単体でも買取に出した方がいい理由をご紹介しています。

名古屋帯、丸帯、袋帯…帯は単体でも買取OK!

着物の買取業者は、帯の買取も行なっています。帯には袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯などいろいろな種類がありますが、着物買取業者ならどれも価値を正確に査定することができます。

「帯だけなのに買い取ってくれるの?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。着物と比べると帯は値段が低めになることが多いですが、場合によっては思わぬ値段がつくことも。まずは査定に出してみることをおすすめします。

帯は古いものでもサイズの問題がない

着物の買取査定は、サイズの小さいものだと値段が下がってしまうことがあります。昔の人は体格が今よりも小さかったので、着物のサイズも小さいものが多く、裄や丈が短いものが多いのです。

サイズが小さいと着用には向かず、生地としてしか使うことができません。そのため、査定金額が下がりがちです。

一方、帯は身長や体格とは関係ないので、古いものでも価値が下がりません。帯だけでも買取をしてもらうこともできます。正絹の帯で、保存状態が良ければ思わぬ高値で売れることもあります。

帯の種類ってどんなものがあるの?

着物の帯には、丸帯、袋帯、名古屋帯など、いろいろな種類があります。それぞれどんな特徴があるのか、ご紹介したいと思います。

袋帯

礼装用の帯。振袖、留袖、訪問着、付け下げなど、幅広く使うことができます。おめでたい柄や刺繍のものが多いのが特徴。

名古屋帯

外出着でもおしゃれ着でも、幅広く使えます。織物、染物の療法があり、紬の織や染めの帯はおしゃれ着向けとされています。

丸帯

花嫁衣装の振袖などに使われます。礼装では、かつては丸帯が使われていましたが、現代では袋帯を使うのが一般的です。

半幅帯

他の帯に比べて、幅が半分になっている帯を半幅帯と呼びます。カジュアルな帯で、普段着の時に使います。

見積合計金額が高かったお店BEST3