実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » 和装小物は着物と合わせて査定を

和装小物は着物と合わせて査定を

業者によっては買い取ってもらえないこともある和装小物。着物と一緒に査定に出せば、合わせ技で買取OKになることも!

和装小物の買取は着物と一緒に依頼すべし!

和装小物を処分したいときに、それだけで着物買取業者に査定を頼んでも、なかなか買い取ってもらえないことがあります。小物単品での買取はNGという業者も少なくありません。

とはいえ、ただ捨ててしまうのはもったいないですよね。そんなときは、着物とセットで査定に出すのがベスト。単品では値段がつかないものも、着物や帯と一緒に買い取ってもらうときは値段がつくことがあります。

着物を処分するときは、一緒に処分する和装小物がないかチェックしておきましょう。小物だけ残しておいても処分がしにくいだけなので、見逃さないように気をつけるべきです。

また、小物だけが手元にある場合は、次に着物を売るときまで保存しておくことをおすすめします。値段がつくかもしれないものを、すぐに捨ててしまうのは惜しいものです。

和装小物はどれくらいの値段で売れるの?

着物と一緒に査定に出せる和装小物をリストアップしてみました。

帯締め

帯を固定するための紐です。正絹のブランドものなら、数千円での買取も期待できます。

帯揚げ

帯の上につけて、帯と体の隙間を埋めます。少ししか見えないものですが、この見せ方が着こなしのポイントです。数百円〜数千円ほどが相場。

帯留め

帯締めと同じように、帯を固定する役割と、装飾の役割があります。安いものは数百円ですが、素材によっては数十万円の値がつくものもあります。

草履

草履の色でコーディネイトを変えたり、台の高い草履で背を高く見せたりすることができます。千円〜数千円ほどが相場。

バッグ

和装のときに使うバッグも、着物と一緒に査定に出しましょう。数百円〜数千円が相場です。

コサージュ

髪に飾ったり、帯につけたり、いろいろと使い道があります。

かんざし

髪を結うときに使うアクセサリーです。金や銀、鼈甲、サンゴ、ガラスなど、いろいろな材質で作られます。安いものは数百円ですが、サンゴのかんざしは数万円がつくことも。

見積合計金額が高かったお店BEST3