実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条 » カビや虫食いなど現状確認をしてから査定へ

カビや虫食いなど現状確認をしてから査定へ

着物の買取は、虫食いやカビ、色褪せなどで査定額が下がることも。まずは、着物の現状を確認してみましょう。

着物の買取は現状確認から!虫食いやカビをチェック

着物買取サービスを利用する方の中には、古くなった着物が出てきたので買取で処分するという方が多くいらっしゃいます。

古い着物を処分する時にチェックしたいのが、虫食いやカビ、あるいは色褪せなどの現状。価値がある着物であっても、保管状態が悪ければ査定額は下がってしまいます。

では、そんな虫食いやカビなどは何が原因で発生するのでしょうか?

着物が傷む原因

着物が虫食いやカビにやられる原因は、こんなところにあります。

湿気

空気中には、目に見えないカビが無数に浮遊しています。そのままでは害はありませんが、これが着物に付着し、繁殖を始めると着物が傷む原因になります。

カビが繁殖するための条件は、栄養分、酸素、湿度、温度の4つ。これが揃うとカビは一気に増えます。酸素や温度は管理が難しいですが、着物の保管で気をつけられるのは湿度です。

たんすに除湿剤を入れておいたり、風通しのいいところにたんすを置いたりと、着物をしまう場所に湿気をためない工夫が大切です。時々着物を取り出して、風に晒すことも大切です。

栄養分

また、カビは着物についた垢や髪の毛、皮脂を養分にして繁殖します。着物を着た時にこれらが付着したままだと、カビの温床になってしまいます。

長期間着物をしまっておくなら、栄養分を残さないように洗ってからしまうことが必要です。

防虫対策も必要

カビだけでなく、虫食いにも対策が必要です。

防虫剤によっては、着物の箔の変色を起こすものがあります。着物に臭いがつかず、また変色の起きないエンペントリン(ピレスロイド系)の防虫剤を選んで、たんすに入れておきましょう。

複数種類の防虫剤を使うと、化学反応を起こして着物を傷めることがあります。防虫剤は一種類だけを選んで使いましょう。

虫食いや色褪せがあっても買い取ってくれる業者はある

虫食いがあったり、色褪せて着られなくなってしまった着物は、買い取ってもらえないと思っていませんか?業者によっては、そういう着物も査定してくれます。

リメイクをしたり、端切れとして使ったり、海外に輸出することもあるので、虫食いや色褪せのある着物もニーズがあるのです。諦めずに、ぜひ着物買取店に相談してみましょう。

見積合計金額が高かったお店BEST3