実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条

着物買取で高額査定してもらうポイント10ヶ条

着物を買取で処分してもらうときに、少しでも高値で売るためのポイント10ヶ条をご紹介します。

どうせなら少しでも高く!着物買取の査定を高額にするための10ヶ条

もう着られない、あるいは着る機会がない着物は、着物買取業者にまとめて買い取ってもらうのがおすすめ。手間がかからないし、買取なので代金がもらえます。

買取業者に出張買取を頼めば、自宅まで着物を取りに来てくれて、気軽に処分できてラク。でもどうせなら、買取金額も高値にしてほしいところ。

そこで、着物買取の査定金額を上げるために自分でできることを、10項目にまとめてみました。ぜひこれを実践して、少しでも高く着物を買い取ってもらいましょう!

着物を高値で処分できる方法を選ぼう

まずは、着物を処分する方法を検討しましょう。捨ててしまうのは論外。では、どこに買取を依頼するのがよいでしょうか?リサイクルショップやフリマアプリ・オークションと、着物買取の専門業者を比較してみました。安い着物はフリマアプリ、質の高い着物は価値のわかる着物買取専門店に持っていって、査定をしてもらいましょう。

購入時についていた反物の端切れには証紙がついている

「証紙」という言葉を聞いたことがありますか?これは、着物の買取金額を大きく左右する、重要な書類です。作家物や伝統工芸品であることを証明するための書類で、これがないと着物の価値を証明するものがないので、査定額が下がってしまいます。パッと見でそれらしきものがなくても、諦めずに反物やたとう紙の中などをよくチェックしてみましょう。

未着用の着物の仕付け糸はそのままで売る

着物の買取は、未使用品だと査定額が上がります。一度でも袖を通してしまうと価値が下がるので、未使用かもしれないと思ったらそのまま査定に出すようにしましょう。未使用品かどうかは、仕付け糸がついていないかチェックすればわかります。仕付け糸がついたままの着物なら、査定で有利になります。未使用でなくとも、使用感がなければ査定額アップの可能性あり!

カビや虫食いなど現状確認をしてから売る

古い着物や、たんすの奥にしまいっぱなしになっていた着物は、カビが生えたり虫に食われてしまっている可能性があります。カビや虫食いは着物の査定額を下げてしまうもの。処分したい着物が傷んでないかチェックしてみましょう。虫食いやカビを防ぐには、湿気や栄養分を取り除き、適切な防虫対策を行うこと。少々手間がかかりますが、着物を綺麗に保存するためには欠かせない作業です。

早めに売ろう、目安は何年?

洋服と同じように、着物も年月が経てばだんだんと劣化してしまいます。一部のヴィンテージ・アンティーク品を除いて、価値も下がっていく一方です。そのため、着物を売却するなら、早ければ早い方がいいのです。では、着物の売却は何年経った頃を目安に考え始めればいいでしょうか?着物の価値が大きく下がるタイミングとは?

自分で補修・染み抜きすると失敗の可能性が

買取査定に出すときに、着物にシミが残っていたり、スレがあったりした場合には、自分で補修や染抜きをしてはいけません。実は、シミやスレ、汚れは査定額にそれほど影響しません。買取専門業者は自社でクリーニングをしてリユースできるので、シミ付きでも問題ないのです。クリーニング代をかけてシミ抜きしたり、失敗のリスクを負って自分でシミ抜きするより、そのまま査定に出しましょう。

帯が結構売れる!

着物は専門の買取業者が買い取ってくれるけど、帯はどうしたらいいでしょうか?実は、着物の帯は単体で買取をしてもらえます。丸帯、袋帯、名古屋帯、半幅帯など、どれも着物買取専門店ならその価値をきちんと査定してくれます。着物は、古いものだとサイズが小さくて着られないことがあります。帯は古くてもサイズは関係ないので、査定額を下げずに買取ができます。高級品なら思わぬ高値がつくことも!

和装小物は着物と合わせて査定を

着物や帯が売れることはわかりました。しかし、そのほかの和装小物はどうしたらいいでしょうか。和装小物は、それだけではなかなか買い取ってもらえないので、着物とセットで査定に出すのがポイント。着物と一緒なら、値段をつけて買い取ってくれることがあります。参考までに、和装小物の買取価格相場も調べてまとめてみました。

着物買取は専門店や実績で選ぶ、リサイクルショップはダメ

着物買取を依頼するなら、必ず着物買取専門店に依頼しましょう。できれば、実績や専門性をチェックして選んだ業者に査定を依頼するのがベストです。実績のある専門店なら、着物や帯の作家あるいは産地・ブランドのことをよく知っているので、正確な価値を査定してくれます。リサイクルショップはその価値がわからないので、高級品を安く買い叩かれることも。

着物買取店なら出張査定がおすすめ

着物の買取には、主に出張買取、宅配買取、店頭買取、LINE査定の4つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットをまとめて比較してみた結果、出張買取がいちばん高値での査定が提示されやすいことがわかりました。店頭買取がいちばん高そうですが、出張買取の査定額が高くなる理由を聞いてみると、納得の理由がありました。

その他、高額買取のためのマメ知識

着物を高価買取してもらうためのマメ知識を解説。着物査定のコツや着物の状態をチェックしてみましょう。

複数社に相見積もりを!

着物はすぐには売らずに、まずは「複数社へ相見積もり」をすることが高額査定には有効です。複数社の相見積もりを取る方法についてご説明いたします。

メールで問い合わせ

遠方で店頭に足を運べない・仕事などで訪問する時間が取れない場合は、メールにて問い合わせし査定してもらうとよいでしょう。正絹(しょうけん)や大島椿などの高級着物なら、単体で写真を撮り、写真を添付して問い合わせてください。

査定してほしい着物の種類がわからない、帯・和装小物が数点ある場合はまとめて写真を撮れば問題ありません。

買取業社には、公式サイトにてお問い合わせフォームがありますので、そちらにて問い合わせをするとよいでしょう。メール以外にもLINEにて査定が可能な業者もあります。

宅配にて現物を郵送

家で査定してもらうには抵抗があり、都合のよいときに買取業社へ発送したい場合は、宅配買取という方法があります。宅配買取は、店頭買取よりも手軽で便利な方法ですが、査定までの時間と、買取金額があわず売らずに“キャンセル”するにも、時間がかかってしまいます。早めに査定を終えたいなら、他の方法が良いかもしれません。

出張買取で直接現物を確認

「査定してほしい着物が大量にある」「店頭への持ち込みが困難」などの理由がある場合は、買取業社から自宅へ直接訪問してもらい、査定してもらうことができます。店頭持ち込みのように自ら運ぶ必要がないため、便利な査定方法です。

出張買取では、着物の査定額をその場で聞くことができます。納得のいく査定であれば、そのまま業者が買い取ってくれます。もちろん、納得いかない査定額であればキャンセルすることも可能です。

店頭で現物を直接査定

自宅から近場に買取業社がある場合は、店頭で現物を査定してもらうとよいでしょう。出張買取と同じく、その場で査定額を聞くことができ、納得できれば買取額を現金で受け取ることができます。査定額に納得がいかなければ、着物を自宅へ持ち帰りましょう。

査定額が高くなる色や柄は?

高額査定になる色や柄は、時代や流行により変化することもありますが、主に以下の色や柄が高額査定される可能性があります。

高額査定される「色」

時代やシーンを問わず、着る人の良さを引き立てる緑など、明るくて華やかな印象のある着物は、値段が高くなる傾向に。黒以外の一色に染められた柄のない色無地やピンクなどのカラーは、所有者が多いことから、高値がつかないことがあります。

高額査定される「柄」

着物にも流行がありますが、通年人気なのは伝統の柄。動物や花などのモチーフは、人気が高く美しい色彩の着物が多いため、高額査定につながる可能性があります。

見積合計金額が高かったお店BEST3