実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 産地物や作家物など高級着物の買取について » 友禅(加賀友禅、京友禅、東京(江戸)友禅、十日町友禅、名古屋友禅)

友禅(加賀友禅、京友禅、東京(江戸)友禅、十日町友禅、名古屋友禅)

友禅の着物とはどんなものなのか、その歴史や特徴、そして買取価格相場などの情報をまとめてご紹介しています。

京友禅付け下げの査定で高かったお店TOP3

友禅査定 1位
久屋
公式HPを見る
2位
福ちゃん
公式HPを見る
3位
京都高級
呉服買取センター
公式HPを見る
査定価格 6,000 円 5,000 円 3,000 円
京友禅査定
買い取り店名 査定金額
1位 久屋公式HPを見る 6,000 円
2位 福ちゃん公式HPを見る 5,000 円
3位 京都高級呉服買取センター公式HPを見る 3,000 円

きもの好きなら誰もが知る「友禅」

加賀友禅や京友禅という名前は、着物がお好きな方なら誰でも聞いたことがあると思います。友禅というのは、布に模様を描く技法の一つで、日本に古くから存在するもの。

友禅模様の着物はいわゆる高級な着物とされ、加賀や京都の友禅着物は産地物として価値が高いとされています。

友禅

友禅は、江戸時代の扇絵師である宮崎友禅斎に由来します。友禅の書く扇絵の画風を応用して染色したのが友禅染めで、カラフルな色や、デフォルメされた動物や植物、風景などの模様が特徴的です。

友禅染めはまず、白生地に下絵を描いて、糊でなぞっていきます。この時に使う糊を糸目糊と言います。糸目糊があることで、色を染める時に隣の色と混じったり染み込んでしまうことを防ぐことができます。

次に色を染めていき、染め上がった図柄に上から糊をかけたあと、生地全体の地色を染めていきます。最後に糊を落とすと友禅染めの完成となります。

同じ染色でも、絞り染めや型染めと比べると絵柄の自由度が高く、またたくさんの色を使うことができるのが友禅染めの特徴です。まるで絵を描くように布を染めていくことができます。

1800年代には、化学染料が使われるようになり、さらに模様の彩色が豊かになりました。振袖などの場合は、刺繍や金彩などを用いて華やかにすることもあります。

友禅価格例

東京友禅は、加賀や京ほどの知名度があるわけではないので、買取額はやや低くなります。

加賀友禅

加賀友禅は、その名の通り石川県金沢市で作られている伝統的な友禅染めの着物です。先にご紹介した宮崎友禅斎が、自ら友禅染めを金沢に持ち込み、広めたものです。

加賀友禅の模様は、絵のような写実的なものが特徴。草花模様が描かれ、落ち着いた上品なものが多いとされています。「先ぼかし」「虫食い」「加賀五彩」と呼ばれる技法を使った加賀友禅は、友禅の着物の中でも最高級品とされています。

加賀友禅の歴史

友禅の技法が加賀に広まったのは江戸時代の中頃。しかし加賀はもともと絹や麻の産地であったため、布を染める技法が存在していました。布の水洗いに必要な川が豊かであったことから、染めの技法が発達していたようです。

友禅斎が加賀に移ってきてからは、加賀藩が奨励する中で加賀友禅の文化が発達していきました。

江戸時代後期には、全国的には染色がパターン化してくるのですが、加賀では絵師が模様をデザインしていたということです。九谷焼や輪島塗、加賀友禅などの下絵の仕事があったことで、加賀では優秀な絵師が育ったようです。

昭和50年には伝統的産業工芸品の指定を受け、現在でも手仕事の部分を多くのこす伝統的な技法として引き継がれています。

京友禅

一方、京都でも友禅染めの文化は大きく発達していました。加賀友禅が上品で落ち着いた模様なのに対し、京友禅は豪華な装飾が施されているのが特徴です。

公家・貴族が多く住む京都ですから、着物の模様や染めも豪華絢爛なものが好まれます。紅系の鮮やかな色をベースとした友禅染めの生地に、刺繍や絞り染めなどを施して華やかさを増していくのが京友禅の特徴。図案的、あるいは紋様的と評されます。

加賀友禅同様、布に下絵を描き、糊をその上に乗せていきます。地の部分を染め、高温の水蒸気で染料を固定してから、布を洗い流し糊を落とします。その上で、下絵に沿って手書きで色を挿していきます。

京友禅の歴史

加賀に移って友禅染めを広めた友禅斎でしたが、もともとは京の人気絵師。友禅が去ったあとも、京都では友禅染めの文化が発達していきました。

京都には良質な地下水が流れており、これが華やかな色を生み出してきたと言います。こちらも1976年には指定伝統的工芸品に指定されています。

東京友禅

三大友禅の最後の一つが東京友禅です。

東京友禅は、町人の暮らしを図柄にしたものが多いようです。千鳥や釣り船、葦、網干しなど、暮らしの風景が描かれた自由な図柄が特徴的。江戸の文化は武家文化なので、主に色柄が落ち着いたものが好まれました。

白や藍色を多用した、シンプルですっきりした色味も東京友禅の特徴です。華やかさを抑えた色柄は、京友禅とは対照的。江戸の粋を表しているとも言えます。

東京友禅の歴史

江戸幕府の時代に、大名の参勤交代に伴って京都から江戸へ絵師が移り住むようになりました。他の地方の文化も江戸に集まり、江戸特有の洗練された文化へと昇華されていったのが東京友禅です。

江戸もまた隅田川や神田川などの洗い川に恵まれていました。これらの流域には染め師が多く住んでいたようです。

その後も東京友禅は親しまれ続け、関東大震災や第二次世界大戦のあとも東京の地場産業として大きく発展をしました。渋く落ち着いた色合いが特徴ですが、東京ならではの都会的なセンスが光るところが東京友禅の魅力です。

見積合計金額が高かったお店BEST3