実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について » 留袖

留袖

着物の種類の一つ、留袖の格や用途、買取相場などについてまとめています。

留袖の査定で高かったお店TOP3

黒留袖

黒留袖査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
1位
ファンタジスタ
公式HPを見る
1位
スピード買取.jp
公式HPを見る
査定価格 1,000 円 1,000 円 1,000 円
黒留袖査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 1,000 円
1位 ファンタジスタ公式HPを見る 1,000 円
1位 スピード買取.jp公式HPを見る 1,000 円

色留袖

色留袖査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
1位
ファンタジスタ
公式HPを見る
1位
久屋
公式HPを見る
査定価格 1,000 円 1,000 円 1,000 円
色留袖査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 1,000 円
1位 ファンタジスタ公式HPを見る 1,000 円
1位 久屋公式HPを見る 1,000 円

留袖の買取価格相場は?

留袖は、女性の着物の中でも最も格が高いもの。礼装として用いられます。結婚式などで新郎・新婦の母が着ているのをご覧になったことがあるのではないでしょうか。

ここでは、留袖の概要や買取価格相場についてご紹介します。

留袖は女性物では最も格が高い

留袖は、女性が着る着物としては最も格が上のものになります。第一礼装であり、洋装で言うところのイブニングドレスにあたります。主に結婚式や披露宴などで、新郎・新婦に近い関係の方が出席するのに用います。

黒留袖と色留袖の2種類があり、未婚・既婚などで使い分けることがあります。裾の部分に模様があり、縫い目をまたいで一枚の絵になるような大きなものが描かれます。裾の模様は年齢によって選ぶもので、模様・柄の位置が低いほど年配向けの留袖になります。

留袖の由来

留袖は、もともと振袖の長い袖を短くして、縫い留めて使っていたことが名前の由来。そのため、既婚女性の礼装とされてきました。現在では、裾のあたりにだけ模様がある、江戸褄と呼ばれる着物が留袖とされています。

留袖の査定価格例

留袖は着る機会がそれほどないため、需要が少なく、査定額も低くなりがち。一般的なものなら数千円、有名作家の作品で証書があれば、数万円〜数十万円での買取も期待できます。

ちなみに、柄は地味なものの方が買取価格が高いようです。地味なものは年配の方向けで、より需要があるので値段が高いのだとか。

黒留袖

地の色が黒いものを黒留袖と呼びます。生地は浜ちりめんや丹後ちりめんなどが用いられます。白の比翼仕立て、染め抜きの五つ紋が必ず入ります。

また、帯や帯締め、帯揚げ、草履など、小物は金銀白のものを合わせます。末広がりの縁起担ぎのために、扇子も挿しておくのがマナーです。

黒留袖の利用シーン

黒留袖は、新郎・新婦の母や関係の近い既婚の親族が着用するもの。新郎・新婦の母は最も格の高い礼装を着るのが決まりで、両家とも五つ紋の入った黒留袖を着るのが決まりです。両家で格の違いがあってはいけないので、事前に確認をしておくことが必要です。

色留袖

色留袖も、黒留袖と同様に慶事のときに着る着物です。地の色が黒以外のものを色留袖といい、未婚・既婚を問わずに着られています。

紋の数によって格式が変わり、三つ紋や一つ紋の場合は略礼装になります。親族の披露宴や賞の授賞式では、五つ紋の留袖を、パーティや主役との関係が近くない披露宴などでは三つ紋、一つ紋が用いられます。

色留袖の着用シーン

黒留袖を着る立場でなく、結婚式や披露宴に出席する場合などは、色留袖を着用することが増えています。それ以外にも、パーティなどに着ることもできます。三つ紋を入れて準礼装にしたものが最も一般的です。

柄の位置や小物の選び方、白の比翼仕立てなどの着方は黒留袖と同じです。

未婚・既婚のどちらでも着ることができますが、結婚式では格を気にする方もいるので、未婚であれば振袖あるいは訪問着を選ぶようにしましょう。

見積合計金額が高かったお店BEST3