実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について » 小紋

小紋

カジュアルからドレスアップまで便利に着られる着物、小紋とはどんな着物なのかご紹介しています。小紋の着こなしや、買取価格相場についてもまとめています。

小紋の査定で高かったお店TOP3

小紋査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
2位
京都高級
呉服買取センター
公式HPを見る
3位
久屋
公式HPを見る
査定価格 60,000 円 50,000 円 40,000 円
小紋査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 60,000 円
2位 京都高級呉服買取センター公式HPを見る 50,000 円
3位 久屋公式HPを見る公式HPを見る 40,000 円

小紋の買取価格相場や着こなしのポイントをチェック!

小紋は、普段着や街着に使われる着物です。カジュアルな場面はもちろん、華やかなドレスアップが必要な場面にも着ていける着物です。洋服でいうところのカジュアルワンピースのような位置づけです。

ここでは、小紋の特徴や着こなしのポイント、着られるシチュエーション、そして買取価格相場についてまとめてみました。

小紋は普段着として着る着物

小紋は、同じ模様が一定の間隔で繰り返し描かれているタイプの着物です。

柄の細かいものから、小さい柄の飛び柄までいろいろなバリエーションがあります。着物全体に柄が描かれている総柄の小紋は、豪華で華やかな雰囲気になります。

模様によって格が変わることがあるので、ものによっては着る場所を考える必要があります。小紋は礼装にはなりませんが、細かくて格のある模様の小紋なら、紋を一つつけて準礼装として着ることも可能です。例えば、「三役」「裃小紋」と呼ばれる、由来のある柄なら準礼装に使えます。

ちなみに、付け下げを小紋柄に染め上げたものは付け下げ小紋と呼ばれ、格は小紋と同じになります。

かつては大紋・中紋・小紋もあった

元々は、柄の大きさによって大紋、中紋と呼ばれるものもありました。現在では、これらをまとめて小紋と呼ぶようになっています。模様の大きさや密度に関わらず、小紋と呼ばれています。

小紋の買取価格相場

小紋は、たいてい数百円〜数千円くらいで買い取られることが多いようです。おしゃれ着として気軽に着るものなので、査定額はあまり高くできないのだとか。

小紋を着るシーンは?

小紋は、ちょっとしたパーティや友人同士の結婚式二次会などに着ていくことができます。ドレス感覚で着るのに向いている着物です。格調高く装うには、格の高い名古屋帯や、箔を抑えた袋帯などを合わせるといいでしょう。あるいは、しゃれ味のあるモダンな袋帯もいいかもしれません。

一方で、普段着やお稽古着にもぴったり。半幅帯や名古屋帯を合わせれば、カジュアルな雰囲気になります。

小紋に合わせる帯は?

小紋は、合わせる帯によってフォーマル度を変えることができます。

金糸が入っている九寸名古屋帯だと、かしこまったお食事会などにも着ていける、とてもフォーマルな雰囲気になります。金糸が入らないと、少しくだけた感じになります。

カジュアルな場所のときは、前述のように半幅帯や名古屋帯にしたり、しゃれ袋帯、あるいは金糸の入っていない京袋帯なども良いでしょう。

小紋の種類

今、主な小紋の技法として知られているのは江戸小紋、京小紋、加賀小紋の3種類。それぞれご紹介していきます。

江戸小紋

江戸時代に、大名たちが着用した小紋。模様の豪華さを大名間で張り合うようになり、それを幕府が規制したことから、大名たちは遠くから見ると無地に見えるくらいの細かい模様を施すようになりました。これによって染色技術が大きく向上したのが江戸小紋です。

京小紋

京都では、京友禅の派手な柄と型染めを融合した京小紋が生まれました。江戸小紋は単色なのに対し、京小紋は多色染めで見た目が華やか。

加賀小紋

京小紋の影響を受けて加賀で作られ始めたのが加賀小紋。加賀友禅の技法を取り入れて作られている。

見積合計金額が高かったお店BEST3