実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について » 色無地

色無地

柄がなく、礼装としても喪服としてもいろいろ使える便利な着物、色無地について調べました。買取価格相場や、着られるシチュエーション、着こなしなどをご紹介しています。

色無地(一つ紋)の査定で高かったお店TOP3

色無地査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
2位
ファンタジスタ
公式HPを見る
2位
スピード買取.jp
公式HPを見る
査定価格 1,000 円 500 円 500 円
色無地査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 1,000 円
2位 ファンタジスタ公式HPを見る 500 円
2位 スピード買取.jp公式HPを見る 500 円

色無地の買取価格相場をチェック!

色無地は、シンプルがゆえに幅広いシチュエーションで活躍してくれる着物です。慶弔でも街着でも使えるので、持っておくとどこでも活躍してくれる便利なもの。

そんな色無地について、買取価格相場や着こなし、着ていけるシチュエーションなどの情報をまとめました。

色無地とは

着物についてあまり詳しくない方の場合、色無地と言われてもピンとこないかもしれません。ですが、1着持っておくと非常に重宝します。

現代でも活躍している色無地ではありますが、昔から好まれており、人生の節目となる時期にもたくさんの方にまとわれてきました。花嫁の白無垢もそうですし、喪服の黒無地も想像しやすいのではないでしょうか。

色について

色の種類も幅広く、好みの色をそろえている方もいます。ただ、シーンに応じて適している色は異なるので注意しておかなければなりません。例えば、明るく華やかな色は弔事には向いていないのは想像しやすいでしょう。弔事と慶事の療法に利用できる色といえば紫、藍、鼠系なので、シーンを選びにくい色を選択したいと思っている方はこちらから検討してみるのもおすすめです。

それから裏地についてですが、色無地は非常にシンプルな着物ということもあり、少しおしゃれに欠けてしまうようなイメージを持っている方もいるかもしれません。ですが、シンプルだからこそ、上品で気取らない魅力があるといえるでしょう。

また、裏地に注目してみるのもおすすめです。動いたりした際に袖口から裏地が見えることがありますが、ここで同系色を持ってきたり、グラデーションにしたりと、アクセントを楽しむことができます。差し色としての役目を果たすものもあるため、裏地も確認しながらお気に入りの1着を探してみましょう。

既婚・未婚を問わない

着物の中には、既婚のみ着られるもの、未婚のみ着られるものなどがあります。そのため注意しておかなければなりません。例えば、最高の格式とされている黒留袖は、結婚式で新郎新婦の母親や親族の既婚女性が着る代表的な衣装です。

一方で、色無地の着物は既婚・未婚を問わずに着用できます。結婚前から着ていた色無地を結婚後に着ることもできるわけです。それでいて改まった衣装でもあるので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

活用できる場が幅広い

以下で使えるシーンについて細かくご紹介していますが、色無地の持っている最大の魅力ともいえるのが、着用できるシーンがたくさんあるということです。お祝い事や、ちょっとしたイベントなどにも大活躍してくれるでしょう。万能な着物としても知られています。

また、帯を使ったアレンジが可能なのも特筆すべきポイントです。色無地自体は、とてもシンプルであまり着る人を選びません。そのため、派手になることよりも地味になってしまうことを心配している方も多いようです。確かに、柄が入っている着物に比べると落ち着いた印象がありますよね。

ですが、落ち着いた印象の色無地だからこそ、帯との相性を楽しめるのも魅力の一つだといえます。例えば、華やかな帯を合わせればそれだけで全体的にきらびやかな印象になりますし、落ち着いた印象の帯を選べば色無地の持っている落ち着きも加わって全体的に出張しすぎない雰囲気になるでしょう。

華やかな席では帯で調整ができるともいえるので、自分らしく楽しんでみてください。

派手な着物の場合、その人を認識するよりも先に着物に目が行くこともありますよね。ですが、色無地の場合はそういったこともありません。確かにシンプルで落ち着いた着物ではありますが、だからこそ先に顔が認識されやすく、その人の個性を活かすことができます。

紋について

色無地の紋については、最も幅広く活用できるのが一つ紋です。ただ、普段、オシャレ着として活用することを考えると、紋が入っていないものの方が良いのでは…と思う方もいるようです。

このあたりは個人の判断になってしまうのですが、あまり紋が目立たないようなタイプのものであれば特に気にする必要はありません。一目で紋がわかるようなものはおしゃれに使いするのにはあまり向いていないので、どちらにも活用できる色無地を購入しようと思っているのであれば、紋が目立たないものを選んでみましょう。

染め替えもできる

染め替えとは、その名の通り、着物を染め直すことをいいます。例えば、若い頃には鮮やかな色が気に入ってよく着ていた色無地があるけれど、結婚して久しぶりに出してみたらさすがに今の年齢には合わないような…といった経験がある方もいるでしょう。

若い頃は何のためらいもなく着られたような衣装でも、年を重ねると悩んでしまいますよね。そういったときにこそ染め替えがおすすめです。染め替えを検討しているのであれば、持っている帯を持参するのがおすすめです。

そうすれば、帯と相性の良い色に仕立てることもできます。着物だけを染め替えしてしまうと、手持ちの帯と合わなくなってしまい、結果的にまた新たに帯を購入しなければならない可能性もあるので、手持ちの帯と相性の良い色に染め替えすれば買い替えの手間もなくなります。

訪問着の柄を一部残して染め直したりする際には高い費用がかかることもあるのですが、もともと柄の入っていない色無地は染め直しやすく、料金も抑えられる可能性が高いです。

中には色無地の一部がヤケてしまい、そのままでは着られないといった理由から染め替えをする方もいます。

また、染め替えをする際に紋を入れることも可能なので、様々なシーンで活躍してくれる一つ紋の落ち着いた色合いの色無地に仕立ててみてはどうでしょうか。

少し派手な色合いの色無地が欲しいと思っているものの、将来的に色で後悔してしまうかも…といった場合も、この染め替えを活用すれば、若い頃は好きな色合いを楽しみ、落ち着いてきたら色を暗めにするなどの対策を取ってみましょう。

小紋との違い

どちらも落ち着いた雰囲気で、小紋と色無地の違いが今ひとつよくわかっていない方もいるかもしれません。実際に、和装についてある程度知っている方の中にも、区別がうまくつかない方もいるようです。

というのも、非常に無地に近い小紋が存在しています。小紋と言えば、ものによってはほぼ無地のように見えるものの極めて細かい模様が入っているもののこと。

大きな違いとして挙げられるのが、小紋はおしゃれ着としての代表的な着物であり、ふさわしくない場があるということです。小紋の中でも江戸小紋と呼ばれるものは格が高いとされていて、こちらは一つ紋をつけるだけで略礼装となります。

しかし、その他の小紋に関しては結婚式などフォーマルな場には向いていないため、このあたりは注意しておきましょう。そのため、おしゃれもフォーマルな場にも活躍する着物を用意したいということであれば、色無地から検討してみてくださいね。

同窓会など、それほどフォーマルではない場の場合、合わせる帯にもよりますが色無地では少しおとなし過ぎる印象になるかもしれません。でも派手な着物はちょっと…ということであれば、そういった場で小紋を選択すると華やかになります。

色無地は紋が入れば略礼装にも

黒以外の一色に染められた着物のことを、色無地といいます。無地という名のとおり、柄や模様は入っていません。そのため、いろいろな場所に着ていけるという便利なもの。

紋の有無によって、用途が変わるのが色無地の特徴。紋がないものは、気軽に着ていける外出着として使えます。お茶や華道のお稽古、ディナーなどのお出かけに着ていけます。略礼装としても使えます。

紋が一つ入っていれば、礼装として使うことができます。格調高い袋帯などを合わせると、披露宴やお茶会、子どもの入学式・卒業式にも着ていくことができます。

三つ紋の色無地は紋なしの訪問着よりも格上になり、五つ紋は改まった着物とされます。しかし三つ紋以上になると着ていける場所が限られてくるので、色無地の気軽さを楽しむなら紋なしか、一つだけにしておくとよいでしょう。

色無地の査定価格例

色無地の買取価格相場は、500〜50,000円以上とされています。辻が花染めの正絹の着物だと50,000円以上という高額査定になります。

色無地のシーン別の着こなし

結婚式

結婚式では、紋付の色無地に華やかな袋帯をつけます。金銀の糸が入った帯がベター。訪問着や付け下げのような、華やかな着物に対して地味になりすぎないようにしましょう。

卒業式

卒業式に出る場合は、色無地と袴を合わせるので明るい色の色無地がおすすめ。紋はなくても構いません。一方親として卒業式や入学式に出る場合も、明るい色の色無地に袋帯などを合わせるとよいでしょう。あくまで主役は子どもなので、派手になりすぎないように。

弔事

弔事に出席する場合は、紋が一つ入っていてダーク系の色無地を選びましょう。帯は喪服用の黒帯、もしくは法事用のダークカラーのものにします。小物も黒のものを選びましょう。略喪葬なら、暗いグレーや渋い紫でも問題ありません。

観劇・食事会

お出かけのときのおしゃれ着物としても色無地は活躍してくれます。紋のない色無地を用意すれば、観劇やお食事会、同窓会、お茶のお稽古に着ていけます。特にお茶は派手さを避けるところがあるので、色無地は最適な着物です。

おしゃれ着として着るときは、金や銀の糸が入っていない袋帯や名古屋帯を合わせるのがいいとされています。地味になりすぎても面白くないので、自分に似合ったちょうどいい色の色無地を見つければ、きっと便利に使うことができます。

入学式

入学式で選択される着物といえば、訪問着や付下げなどが挙げられますが、色無地も代表的です。この中でも特に核が上なのは訪問着。しかし、色無地の場合も紋を入れれば訪問着と同格になるので、様々な場面で役立ってくれます。

入学式の場合は一つ紋のものを選択しましょう。無紋でもダメなわけではないのですが、可能であれば一つ紋が入っていたほうが適しています。

七五三

七五三に着る母親の着物として向いているのが色無地です。華やかなお子様の衣装に合わせて訪問着を着る選択肢もありますが、七五三といえばあくまで主役はお子さんですよね。そのため、母親が訪問着を選択してしまうと、せっかくのお子さんが目立たなくなってしまう可能性があります。こちらも一つ紋付の色無地があると理想的です。

色無地を買取に出す際の注意点

色無地を買取に出す際の注意点をみていきましょう。

証紙があれば一緒に付ける

できるだけ着物を高値で売却したいと思った場合、査定額をアップさせるためのポイントが証紙です。証紙とは、その名の通り商品の品質を証明するための書類のことで、着物の登録商標だけでなく、織元の名前や伝統工芸品マーク、機械織りか手織りかなどが書かれています。

こちらも、必ずしも証紙がなければ買い取ってもらえないわけではありませんが、証紙があると確実に査定額UPに繋がります。

その大きな理由ともいえるのが、中古の着物を持ち込む際に、それが本物なのかどうか?を見極める手段の一つになるからです。証紙がなければ本物を偽物と判断されてしまうとは言い切れませんが、確実に本物であることを証明するためには証紙を用意しておきたいですね。

包み、保存ケースにも気を配る

持っている色無地を売却しようと思ったらそのタイミングで高く売る方法を考えてしまいがちですが、普段の保管方法にも気をつけておくとより高値で買い取ってもらうことができます。

保管する場所についてですが、直射日光が当たらなくてできるだけ湿気が少ないところを選びましょう。

湿気が少なくてもしまいっ放しではカビが生えてしまう可能性があるので、時々風を入れておいたほうが安心できます。それから包み紙についてですが、着物は和紙で包んでおくのが基本。

「タトウ紙」と呼ばれる厚手の紙が向いています。日焼けから着物を守ってくれるだけでなく、湿気を吸い込むと紙にシミが浮き出て効果のタイミングがわかりやすいなどの魅力があるので活用してみましょう。

長い時間寝かせない

「色無地をそのうち買取に出したいと思っているけれど、今はまだいいか…」と考えている方もいるでしょう。ですが、「そのうち」と考えるよりも、今すぐ売却したほうが高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

というのも、一般的な着物は古くなればなるほど価値が落ちやすいだけでなく、その間に保管に失敗してしまう可能性もあるからです。

タトウ紙に包んでしっかり保存しておいたとしても、定期的に紙を交換したり、風に当てる手間がかかります。長期間にわたって保存するとそういったことが面倒になったり、ついうっかり忘れてしまう可能性も…。

これによって結果的に着物の状態が悪くなってから買取に出す羽目になってしまった方もたくさんいるのです。

大きいサイズは高値が付くことも

小さいサイズの着物よりも、大きいサイズの物のほうが高値がつく可能性が高いです。歴史のある着物の場合、その時代の身長に合うように作られていました。昔の人は現代人に比べると背が低いため、短い小さな着物はたくさんあるものの、大きいサイズのものは少ないのです。

ですが、現代人は高身長の方も多く、小さな着物だと丈が足りなくなってしまう方も多くいます。

こういった方からも大きいサイズの着物が求められているのです。サイズが大きければお直しして自分にぴったりのサイズに仕上げることもできますよね。

家に眠っている色無地があるものの、「これは大きすぎるし売れないよね」と思っている方も、買取をお願いしてみてはどうでしょうか。

値段が付きにくい色無地とは?

色無地と言えば様々な場面で活躍できる着物ということもあり人気が高いのですが、中には値段が付きにくいものもあります。

例えば、中古品としての価値が低いものです。特に汚れていたり、穴が空いているものなどはどうしても値が付きにくいと言えるでしょう。

小さな汚れ制度であれば専門家の手でキレイに目立たなくすることは可能ですが、大きな穴が空いている場合は修復が難しく、買取が不可能と判断されることがあります。

それから、普段使いするのには向いていない真っ黒な喪服類も普段使い用に比べると需要が低くなってしまうため、買取価格は低下しがちだといえるでしょう。

もちろん、値段については買取業者によって異なるのでよく比較してみてくださいね。

見積合計金額が高かったお店BEST3