実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について » 訪問着

訪問着

幅広いシーンで着られる便利な着物、訪問着についてまとめました。用途や特徴、買取価格相場などについてご紹介します。

訪問着の査定で高かったお店TOP3

訪問着査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
2位
京都高級
呉服買取センター
公式HPを見る
2位
ファンタジスタ
公式HPを見る
査定価格 4,000 円 2,000 円 2,000 円
訪問着査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 4,000 円
2位 京都高級呉服買取センター公式HPを見る 2,000 円
2位 ファンタジスタ公式HPを見る 2,000 円

便利に使える略礼装・訪問着の買取相場をチェック!

訪問着は、結婚式やパーティから目上の方の訪問など、いろいろな場面で着ることのできる着物です。素材も様々で、バリエーション豊か。格が高いので、フォーマルな場面でも使えます。

訪問着は結婚式もパーティもOK

訪問着は、大正初期に三越呉服店が命名して売り出したもの。未婚・既婚のどちらでも着ることができて、留袖や振袖の代わりに略礼装として着ることができます。

華やかに装うことができて、パーティなどの社交的な場面にも最適です。洋装でいうところのビジティングドレスで、付け下げとよく似ていますが格は訪問着の方が上です。

訪問着の査定価格例

訪問着の買取価格は、状態が良いものであれば1万円ほど、未使用で程度がよければ数万円になることも。人間国宝などの作家物や、有名産地で作られた訪問着に関しては10万円を超える査定が得られることもあります。

例えば、久保田一竹や由水十久といった作家の訪問着は10万円ほど、加賀友禅や大島紬などは3万円ほどで買い取ってもらえるようです。

訪問着のデザイン

訪問着は、留袖同様に縫い目をまたいで大きな柄になる、絵羽模様というものが一般的です。落ち着いたものから華やかなもの、伝統的なものからモダンなものまで幅広いので、年代を問わず着ることができます。

若い人は、柄が全体的に入っていて華やかなものを選ぶとよいでしょう。年配の方の場合は、柄が裾の低い位置にあり、色柄が落ち着いてるものを選ぶのがおすすめ。

付け下げとの違いは?

付け下げと訪問着は袖と裾に模様が入っているという点では同じです。しかし、生地を染める時点で両者に違いがあり、訪問着は絵羽模様といって、縫い目をまたいでも、全ての柄がつながり、ひとつの絵のようにできています。付け下げは柄がつながっていません。

襟や肩のあたりから裾に向かってひとつなぎの柄になるので、絵画のように華やかになるのが訪問着の特徴。留袖は裾の方だけに柄がついているのに対し、訪問着は上半身にも柄があることになります。

訪問着に合わせる帯

訪問着は、帯を変えることでいろいろなシチュエーションに対応できます。軽めの訪問着では、しゃれ袋帯や、織りの名古屋帯を合わせるのがおすすめ。紬地の訪問着なら、染めの名古屋帯やちりめん地の帯、紬地の袋帯などを合わせてもいいでしょう。

よりフォーマルなものなら、金や銀箔の入ったもの、古典的な柄のものを合わせると格調高くまとまります。

見積合計金額が高かったお店BEST3