実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について » 振袖

振袖

未婚女性が着る着物の中では最も格が高いのが振袖。振袖の種類や用途、買取価格相場について調べました。

振袖の査定で高かったお店TOP3

振袖(辻が花風)

振袖(辻が花風)査定 1位
福ちゃん
公式HPを見る
2位
ファンタジスタ
公式HPを見る
2位
スピード買取.jp
公式HPを見る
査定価格 5,000 円 3,000 円 3,000 円
振袖(辻が花風)査定
買い取り店名 査定金額
1位 福ちゃん公式HPを見る 5,000 円
2位 ファンタジスタ公式HPを見る 3,000 円
2位 スピード買取.jp公式HPを見る 3,000 円

振袖

振袖査定 1位
京都高級
呉服買取センター
公式HPを見る
2位
福ちゃん
公式HPを見る
3位
久屋
公式HPを見る
査定価格 7,000 円 5,000 円 3,000 円
振袖査定
買い取り店名 査定金額
1位 京都高級呉服買取センター公式HPを見る 7,000 円
2位 福ちゃん公式HPを見る 5,000 円
3位 久屋公式HPを見る 3,000 円

振袖の買取価格相場・用途・種類を調査しました!

振袖は、華やかなデザインで若い女性が着ているイメージを持たれる方が多いと思います。結婚式の受付をしている女性が着ているのを見ることが多いのではないでしょうか。

そんな振袖について、どんな種類のものがあるのか、どんなときに着るのか、そして買取価格相場がどれくらいなのか、調査してみました。

振袖は未婚女性が着る格の高い着物

振袖は、着物の袖が長いのが特徴的。振るほど袖が長いということですね。未婚の女性が着るもので、柄は若々しく華やかなものが多いです。年齢を問わず未婚女性なら誰でも着ることができます。

最初に振袖を着るのは成人式という方が多いでしょうか。結婚式の花嫁衣装、あるいは参列者の衣装などでも着ることがあります。

振袖の査定価格例

振袖の買取査定価格は、だいたい買値の5〜10%ほどと言われています。30万円で購入した振袖なら、3万円ほどでしょうか。作家物や伝統工芸品のものは買取価格アップの可能性が高いです。

大振袖

大振袖は、袖丈が114cnほどで、振袖の中でも最も格が高いもの。未婚女性の第一礼装にあたります。大胆な模様・柄が入ったものから、色無地までバリエーションが多いのが特徴です。引きずりそうなほど長い袖の美しさが目をひく着物です。

大振袖の利用シーン

結婚式の花嫁は、大振袖を着用します。おはしょりをせず、袖を引きずって着るものとされています、

中振袖

こちらは袖丈が100cm前後で、大振袖に次いで袖が長くなっています。慶事の席などでよく着られるもので、格の高さも大振袖に次ぐものです。

帯は袋帯を閉めるのが一般的で、色や模様は華やかなものを選びます。

中振袖の利用シーン

中振袖が着用されることが最も多いのは、成人式です。そのほか卒業式や結納、ゲストとして出席する結婚式などで着ることができます。

もっとも、最近では女性の身長が高くなったことから大振袖と中振袖の区別がつかなくなってきているという面があります。パッと見でわからないことがあるかもしれませんが、成人式で着た中振袖を花嫁が結婚式で着るのはNGです。

小振袖

最後に、小振袖は袖丈が85cmほどのもの。二尺袖という別名があります。袖丈が短いので動きやすい着物です。袴下帯や半幅帯を締めて、その上に袴を着つけたりします。

小振袖の利用シーン

卒業式では、小振袖を着ることも多いです。小振袖の上から袴を履くのが卒業式の一般的な着方です。そのほか、成人式で着ることもあります。

これ以外の場面では、小振袖を見ることはあまりありません。

見積合計金額が高かったお店BEST3