実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

着物から帯まで合計20点の査定額best3!
福ちゃん
106,000円
京都呉服買取センター
101,000円
ファンタジスタ
83,000円
着物買取店に査定に出してみました! » 着物の格付けと買取について

着物の格付けと買取について

着物には種類があり、それぞれに応じて「格」が変わります。そのため、着物を着用するときはTPOに合ったものを身に付ける必要があります。ここでは、着物の「格」と格ごとの買取りについてまとめました。

礼装、準礼装、略礼装、しゃれ着、普段着。着物には種類がある

ひと言で着物といっても、着ていくシチュエーションに合わせたものを選ぶことが大事です。式事や正式な催しなど、かしこまった服装が好ましい場面では、礼装をしていくのがマナーです。洋服にフォーマル着から普段着まであるように、着物にも礼装、準礼装、略礼装、しゃれ着、普段着があります。

冠婚葬祭などの儀式に出席する場合や、結婚式での親族や主賓といった正式な装いが必要な場合は、礼装をします。結婚式や披露宴のような、礼装に準じた装いが必要な場合には、準礼装を。格式ばらない結婚式や披露宴、二次会、友人の結婚式に一般招待客として出席するときは、略礼装を。礼装まではいかないちょっとしたおしゃれをするときは、しゃれ着で。日常的な生活には、普段着を着用します。

また、着物だけではなく帯にも格があります。着物につける紋の数や、着物と帯の合わせ方、小物の合わせ方でも、格が変わるのです。それぞれの違いを把握し、TPOに合わせた着物を選べるようになりましょう。格に合わせたコーディネートを楽しむことも、着物を着る醍醐味の一つです。

着物の格と、着られるシチュエーション一覧

留袖(礼装~略礼装)

既婚女性だけが着られる「黒留袖」と、未婚でも着られる「色留袖」があります。留袖は白生地を一度仕立ててから、模様の位置を決めます。そして糸をほどき、染めなどの加工を施した後、再度仕立て直しをするのです。こうすることで、縫い目で柄が途切れず、着物を広げたときに一枚の絵(「絵羽模様」といいます)になります。

黒留袖(礼装)

結婚式や披露宴で、仲人婦人や新郎新婦の母親、既婚の姉妹といった、新郎新婦に近い関係者が着る着物です。既婚女性のみが着用可能。5か所に実家もしくは婚家の家紋を「染め抜き日向紋」で入れます。

帯は、金、銀、白地に、吉祥文様や有職文様を織り出した、重厚感のある袋帯をチョイス。小物は、金、銀、白の礼装用を合わせ、半襟、長襦袢、足袋は必ず白にします。

色留袖(礼装~略礼装)

礼装や準礼装、既婚、未婚と幅広く着用可能。付ける紋の数で格が変わります。五つ紋を付けて、着物を2枚重ねて着せているように見せる「比翼仕立て」にすれば、礼装に。三つ紋入りは準礼装と略礼装の両方に着用でき、一つ紋を入れれば略礼装になります。

五つ紋を付けて着る場合は、合わせる帯や小物は黒留め袖と同じです。準礼装や略礼装として装う場合は、品の良い、淡い色の小物を合わせることができます。

振袖(礼装)

着用できるのは、未婚女性のみです。成人式や結婚式の参列者、花嫁衣装として着用されます。長い袖が特徴。ひと言で振り袖と言っても、デザインが豊富で、種類も「大振袖」「中振袖」「小振袖」とあります。

「大振袖」は婚礼のお色直し衣装として着用され、別名「引き振袖」とも言います。この場合、おはしょり(腰部分の折り込み)はつくらず、裾を引いて着用。「中振袖」は成人式、パーティーや披露宴の参列者、卒業式、結納といったシーンで着用されます。「小振袖」は、卒業式に袴と合わせて着用します。

振袖は年齢を問わず、未婚であれば着用可能です。帯のアレンジや着物の柄行き、半衿、重ね衿の合わせ方で、年齢やその場にふさわしいコーディネートをしましょう。

訪問着(準礼装~略礼装)

留袖の次に格のある着物で、既婚、未婚を問わずに着られます。紋の数などで、準礼装~略礼装まで着用可能。幅広く着用するために、あえて紋を入れずに着るケースも増えてきています。

訪問着も留袖と同じで、絵羽模様で仕立てられます。しかし、裾にのみ柄がある留袖に対し、訪問着は袖や胸にも柄が描かれ、華やかに装いたいときの結婚式やパーティーといったシーンにピッタリです。

本来、結婚式などの改まったシーンでは紋を入れます。しかし、紋を入れずに着るケースも増えてきています。その会場に合わせて、紋入りがふさわしいかどうかの判断をしましょう。

格式高く着用する場合は、重厚感のある帯に、金、銀、白の小物をコーディネート。入学式などの式典には、淡い色の小物を合わせることができます。華やかに装いたい場合は、お好みの袋帯に色のある帯締めや帯揚げを締め、宝石の帯留めを合わせることも可能です。

付け下げ(準礼装~しゃれ着)

既婚でも未婚でも、着用可能。紋を付ければ準礼装、文無しの略礼装と、幅広く着ることができます。柄の種類が豊富であるため、茶人や着物好きに多く好まれています。

付け下げは、第二次世界大戦の頃に生れました。この時代、華やかに着飾ることが禁止され、派手な訪問着の代わりとして落ち着いた柄ゆきの付け下げが誕生したのです。柄がすべて上を向いているのが特徴。絵羽模様ではなく、縫い目のところで柄が途切れています。

格調高い帯を締めて礼装に準じた小物を使えば、訪問着と同じようなシーンで着用可能です。小紋のように、格調の高くないシチュエーションで着用するしゃれ着としても着られるので、1着持っていると大変便利。

色無地(準礼装~しゃれ着)

既婚、未婚問わず着用可能です。一つでも紋が入れば、無紋の訪問着より格上に。文無しではしゃれ着感覚で着られます。紋の数や合わせる帯で、格ががらりと変わるのです。

用途を広げるために無紋にするか、紋付きでも帯や小物の合わせ方で格調を変え、一枚でも幅広く着用できます。優美を避ける茶会にもふさわしく、色や地紋(反物の織り地)により、慶忌両方に着用可能です。

結婚式などの改まった式典には、品のよい色の色無地を選び、錦織や唐織の袋帯を合わせます。このとき、小物は礼装用に準じます。紋を付けて、着物の地色よりも薄い色の伊達襟を選ぶと、より改まった装いになり、留袖に次ぐ格になる場合も。

パーティーといったカジュアルなシーンでは、品格のある織りの名古屋帯などを合わせることが可能。淡い色の小物を合わせ、上品に着こなすと粋になります。

小紋(準礼装~普段着)

型染めで繰り返し模様が染められた着物。既婚、未婚問わず着用することができ、紋の有無、柄行きや合わせる帯で略礼装~普段着と、幅広く着用可能です。

ひと言で小紋と言っても「小紋」「江戸小紋」など、多種多様。準礼装として着用する場合は「江戸小紋三役」と呼ばれる柄行き、もしくは、大名家の留柄の「菊菱」「大小霰」など、格の高い柄に紋を付け、礼装用の帯を合わせます。

略礼装として装いたいときは、吉祥文様や王朝文様といった柄の小紋に、格調高い染めや織りの名古屋帯をコーディネート。カジュアルに装いたいときは、飛び柄の小紋に染めの名古屋帯や袋名古屋帯を合わせます。大柄の小紋に、名古屋帯を合わせればよりカジュアルな普段着としても着用できます。

帯の格と、つけられるシチュエーション一覧

丸帯(礼装)

柄に裏や表がない、豪華な帯。戦前まで礼装用の帯として使われていました。現代では花嫁や舞妓さんの衣装として使われています。

袋帯(礼装~しゃれ着)

二重太鼓と呼ばれる結び方ができる長さに、仕立てられています。金、銀、泊をあしらったものは礼装用に。金や銀を使わずに、色糸だけで控えめな模様を織りだしたものや、後染めの生地を仕立てたものを、「洒落袋」と呼び、しゃれ着としてカジュアルなパーティーに使用できます。

名古屋帯(準礼装~普段着)

袋帯を簡略化することにより、結びやすくした帯です。素材と柄により、普段着から準礼装まで合わせることができます。「塩瀬」や「縮緬」といった染めの名古屋帯は、小紋に合わせてしゃれ着や普段着として着用可能です。錦織や唐織といった格調高い織りは、訪問着や色無地に合わすことができます。

袋名古屋帯(準礼装~普段着)

袋帯の仕立てやすさと、名古屋帯の軽さを組み合わせた帯。別名「ハ寸名古屋」「八寸帯」「かがり帯」とも呼ばれ、金、銀の糸を用いた「綴織」は準礼装として、「博多織」や「紬」なら普段着として着用可能です。

半幅帯(普段着)

よりカジュアルな、コーディネートをするときに合わせる帯。浴衣や小紋以下の格の低い着物「ウール」「紬」「木綿」といった街着に合わせることができるほか、普段着として小紋にも合わせることができます。

見積合計金額が高かったお店BEST3