実際の査定価格を知りたくない? 着物買取店に実際に査定に出してみました!

色々な着物を査定に出してみました!
着物買取店の実際の査定額まとめ

着物買取店の情報はインターネット上にたくさんあれど、実際に着物を買取査定に出した体験談や査定額を掲載しているサイトは見当たりません。

そこで、私の手元に集まった色々な種類の着物を査定に出してみることにしました。あなたの大切な着物がどれくらいの価格になるのか参考にしてください。

着物買取の査定額を比較しましたBest3

       

9社着物査定してみて思ったこと

同じ「着物買取」でも、業者の特徴にかなり違いが…

二次利用するため、査定の目が厳しい、でも、高価買取してくれる業者。シミ汚れでも大丈夫とサイトにはあるけど、金額がつかない業者。着物の価値がわからないので、いいものなのに評価が低い業者。

そう!買取業者の得意・不得意を知ることが、高価着物買取への近道なのです!

                                               
買取店名 20点の合計金額 黒留袖 色留袖 振袖 訪問着 色無地
黒留袖 色留袖 振袖 訪問着 色無地
第1位1位 福ちゃん公式HP はこちら106,000 円 1,000 円 1,000 円3,500 円2,500 円 1,000 円
第2位2位 京都呉服買取センター公式HP はこちら 101,000 円 0 円 0 円 7,000 円 2,000 円 0 円
第3位3位 ファンタジスタ公式HP はこちら 83,000 円 1,000 円 1,000 円 5,000 円 2,000 円 500 円
種類 1位 2位 3位
福ちゃん 京都呉服
買取
センター
ファンタジスタ
公式HP
を見る
公式HP
を見る
公式HP
を見る
20点の
合計金額
106,000 円 101,000 円 83,000 円
黒留袖 1,000 円 0 円 1,000 円
色留袖 1,000 円 0 円 1,000 円
振袖 3,500 円 7,000 円 5,000 円
訪問着 2,500 円 2,000 円 2,000 円
色無地 1,000 円 0 円 500 円
       

9社着物査定してみて思ったこと

同じ「着物買取」でも、業者の特徴にかなり違いが…

二次利用するため、査定の目が厳しい、でも、高価買取してくれる業者。シミ汚れでも大丈夫とサイトにはあるけど、金額がつかない業者。着物の価値がわからないので、いいものなのに評価が低い業者。

そう!買取業者の得意・不得意を知ることが、高価着物買取への近道なのです!

     

着物査定のそれぞれの価格を見たい方はこちら9業者徹底比較!

今回査定に出した着物は?

今回、査定に出したのは下記の8種類と付け下げ、帯など20点。格の高いものから普段着、帯までを査定してもらって、その中で査定金額の高かったものをピックアップして比較してみました。

黒留袖

黒留袖は、祖母から譲り受けたものです。銘も入っており高級だと思うので、処分するのはもったいない…のですが、祖母と私ではサイズが違いすぎました(泣)。子どもの結婚式に着られればよかったんですけどね。

色留袖

こちらは母から譲ってもらいました。今でも着られるんですが、兄弟みんな結婚してしまったので、色留袖を着て出かける機会がなくなりました。他の人に有効活用してもらえれば、と思います。

訪問着

訪問着は、自分で探して購入したもので、パーティやお茶会などの礼装が必要な場所にはよく着ていったものです。とてもシックな柄なのでいつまでも着られるかと思っていたのですが、大きなシミができてしまいました。パッと見はわからないのですが、こちらも買い取ってもらえるのかどうか心配でした。

色無地

こちらも自分で購入したもの。紋が入っているため結婚式でも、きもの友達とランチするときでも、どこへでも着ていける便利な着物だったんですが、よく着ただけあり、点々としたシミや色褪せが気になってきました。買ったころの綺麗な色ではなくなってしまったので、買い取ってもらえるのか少し心配でした。

振袖

若いころに、祖母が振袖を買ってくれました。成人式や大学の卒業式で着るのにちょうどいい華やかな柄で、とても気に入っていました。結婚したので早く手放せばよかったんですが、何となくタイミングを逃して今まで手元にあったものです。まだ綺麗なので、着物が好きな若い女の子に着てもらえたらいいなと思っています。

小紋

こちらも叔母から譲り受けた作家物の小紋です。日常的に着たり、ちょっと近所にお出かけするしゃれ着としては高価すぎてあまり着ていません。最近は着物仲間と出かける機会も減ってしまい、他にも小紋を何枚か持っているので手放すことにしました。価値があるものなので、ちゃんと値段がつくことを願って査定に出しました。

紬はいいものを祖母から譲ってもらったんですが、やはりこれもサイズが合わず、手放すしかありませんでした…(泣) アンティークの紬で、模様も色も古風で好きなのですが、着られないのは残念です。結城紬で仕付け糸もついたままのもの、証紙もちゃんとありますので、価値がつくと思って出しました。

帯も母や祖母から譲り受けたもの、自分で買ったものが色々あったので、いくつか手放すことにしました。しゃれ着に使っていたり、有名な呉服屋さんや金糸が入った袋帯などを査定に出しています。袋帯は高級なものなので、査定金額も高くなることを期待していました。

高額買取を狙え!着物査定のポイント10ヶ条!

知ると知らないでは査定額に大きく響く

着物の買取査定額をアップさせるには、押さえておきたいポイントがあります。少しでも高く買い取ってもらうために、自分でできることをまとめてみました!

詳しく見る

着物を高値で
処分できる方法を選ぼう

着物の処分方法は色々ありますが、高値で買取をしてもらうのが一番いいことは言うまでもありません。着物買取専門店と、リサイクルショップやフリマアプリを比較してみました。
詳しく見る

購入時についていた反物の端切れには証紙がついている

買取査定金額に大きく影響するのが「証紙」というもの。これは作家ものの着物や、有名な産地の伝統工芸品であることを証明する紙。これがないと、高級な着物であることが証明できません。着物と一緒に保存してあるはずなので、忘れずに探しておきましょう。
詳しく見る

未着用の着物の仕付け糸は
そのままで売る

未使用の着物には、仕付け糸がついているはず。買取査定は未使用だと高額になります。仕付け糸を切ってしまうと未使用かどうかがわからなくなってしまうので、仕付け糸のついた着物が見つかったらそのまま査定に出しましょう。
詳しく見る

カビや虫食いなど
現状確認をしてから売る

逆に、着物の査定額を下げてしまうのが虫食いやカビ。古くなった着物にありがちです。湿気のたまるところに着物を保管しておいたり、皮脂や髪の毛がついたまま着物をしまい込んだりするのはNG。虫食いやカビを防ぐためのポイントをご紹介します。
詳しく見る

早めに売ろう、目安は何年?

着物は、年月とともに劣化していきます。色が褪せたりして状態が悪くなり、価値が下がっていってしまいます。では、着物は何年ぐらい経ったところで売るのがいいのでしょうか?着物の価値が急に下がる年を迎える前に売るのがベターです。
詳しく見る

着物査定前に自分で
補修・染み抜きすべき?

買取査定をしてもらうのに、シミや汚れ、スレがあると査定額が下がると思っていませんか?私もそう思っていました。でも、査定額が下がるのを防ぐために、自分でシミ抜きや補修をするのは失敗してさらに価値を下げてしまうリスクがあるのでNG。シミや汚れがあっても、そのまま査定に出すようにしましょう。
詳しく見る

帯が結構売れる!

着物は買い取ってもらうことができますが、帯は買い取ってもらえるのでしょうか?調べてみたところ、帯だけでも買取をしてもらえるようです。着物は古いものだとサイズが小さくて査定額が下がることがあるようですが、帯はサイズが割と関係ないので意外と高値で売れることもあるようです。
詳しく見る

和装小物は
着物と合わせて査定を

帯は意外と売りやすいのですが、和装小物はどうでしょうか。小物は単体だと買い取ってもらえないこともあるんですが、着物とセットで買取依頼をすると、値段をつけて買い取ってもらえることがあります。
詳しく見る

着物買取はリサイクルショップ
より専門店や実績で選ぶ

着物の買取は、着物の専門店や実績のあるお店で査定してもらうのがポイント。リサイクルショップでも買取をしてくれますが、価値がわからないので安値で買い叩かれてしまう可能性があります。
詳しく見る

着物買取店なら
出張査定がおすすめ

着物の買取は、出張査定、宅配査定、店頭での査定、LINE査定などの方法があります。どれもメリットとデメリットがあるのですが、おすすめは出張査定。実は査定額が高くなるのは出張査定なんです。
詳しく見る

着物をもっと知ろう!

着物は知れば知るほど奥が深い

着物はただ着るだけでも楽しいですが、色々な知識を身につけるともっと楽しむことができます。買取査定に出すときも、どれが高級なものか知っておけば安値で買い取られてしまうことを防げます。そこで、着物に関する知識をまとめてみました。

産地物や作家物など
高級着物の買取について

着物は、織物の産地がブランドとして知られています。ブランド産地の伝統工芸品は高値で取引される高級なもの。ここでは、伝統工芸品の高級着物についてご紹介します。

番外編羅・紗・絽の着物や帯

羅・紗・絽の着物や帯

プロでも見極めが難しい夏着物

羅・紗・絽の着物や帯

伝統工芸品の他に、日本には夏の着物に用いられる羅、紗、絽という織物があります。どれも麻を原料として作られたもので、これをサラッと着こなすことができれば、間違いなく着物通です。

詳しく見る

着物の格と買取について

着物には、「格」というものがあります。着ていく場所や催しに「格」を合わせるのが着物のマナー。洋装でも、正式なパーティや結婚式にジーンズとTシャツで行くのはマナー違反。それと同じように、TPOに合わせた着物選びのルールがあるのです。着物をより楽しむために知っておきたい「格」。着物の種類ごとに、格や着られるシチュエーション、帯の選び方や着こなしのポイントなどをまとめてみました。

留袖

着物の中で、もっとも格が高いのが留袖です。黒留袖と色留袖があり、黒留袖は女性の着物の中でもいちばん格が高いもの。結婚式で新郎・新婦の母が着ることが多いものです。色留袖は未婚・既婚を問わず着られるもので、第一礼装として着ることができます。
詳しく見る

振袖

未婚女性が着る着物の中で格が高いのが振袖です。よく成人式や卒業式などで見かけることがあると思います。成人式や卒業式で着るのは「中振袖」というもので、花嫁衣装などに使うのが「大振袖」です。袖が地面につきそうなほど長いのが大振袖で、中振袖、小振袖の順に袖が短くなります。
詳しく見る

訪問着

結婚式からパーティ、目上の方への訪問など、幅広い場面で使える礼装が訪問着です。格が高いので、留袖や振袖の代わりに略礼装として使うことができます。付け下げと見た目が似ているのですが、格は訪問着の方が上。フォーマルな場所で着るための着物です。
詳しく見る

付け下げ

訪問着と違い、裾の模様が縫い目でつながっていないのが付け下げ。よりカジュアルに着られるもので、訪問着と小紋の中間に位置付けられます。未婚・既婚を問わずに着られるもので、街着として着ることが多いもの。ただし、紋が入ったものは格が上がるので、訪問着の代わりに着ることができます。
詳しく見る

色無地

色無地は、黒以外の一色に染められた着物。礼装や喪服としても、しゃれ着としても使える便利な着物です。合わせる帯や紋の数によって用途が変わるので、一・二着持っておくととても便利です。特に一つ紋の色無地は幅広い場面に着ていけるのでおすすめ。
詳しく見る

小紋

カジュアルな場面からドレスアップが必要な場面まで、幅広く使える小紋。同じ模様が一定間隔で並んでいるタイプの着物です。洋装でいうところのカジュアルなワンピースのような位置付け。礼装にすることはできないのですが、しゃれ着として気軽に楽しむことができます。
詳しく見る

おまけ帯の格と買取について

帯の格と買取について

手持ちの帯の価値を知っていますか?

帯の格と買取について

着物には格があってTPOに合わせて選ぶ必要がありますが、帯にも格があるのでしょうか?実は、帯にも同じように格があります。丸帯、袋帯、名古屋帯、八寸帯、半幅帯など色々な帯があり、礼装に使えるものからカジュアルな装いに使うものまで分類されています。金糸銀糸の有無でもフォーマル度が変わるので、帯の格や選び方も着物の格と合わせて知っておくとよいでしょう。

詳しく見る

着物の基礎知識

着物のルールやマナーとして知っておきたいのは「格」のことですが、他にもちょっとした決まりごとがあります。この決まりごとについて知っておけば、着物を買取に出すときの参考にもなります。難しいことではないので、ぜひご一読ください。

売れる?売れない?
紋付の着物

売れる?売れない?紋付の着物
家によりそれぞれ「紋」が違いますが…
着物には「紋」というものがあり、これの有無で着物の格が変わります。紋というのは具体的には家紋のことを指すのですが、家紋の入った着物は買い取ってもらうことができるのでしょうか?他人の家紋が入ってるものをリユースするのは難しいのではないかと思っていたのですが、実は紋付の着物も買い取ってもらえるんです。
詳しく見る

着物の生地、正絹、綿、
ウール、化繊、売れるのは?

着物の生地、正絹、綿、ウール、化繊、売れるのは?
プロでも見極めの難しい最近の化繊ですが…
高級な着物の素材は絹が多いのですが、廉価なものには綿やウール、化繊で作られたものがあります。素材ごとにメリットやデメリットがあり、使い分けている人もいます。絹以外の着物は価格が安いものですが、買取をしてもらえるのか調べてみました。
詳しく見る

着物買取業者を集めました!

一口で着物買取業者といってもこんなに違いが?!

今回査定に出してみてわかったのが、業者さんによってバックグラウンド、得意分野、処分方法などが全く違う!ということでした。同じものでも、こっちは数万円なのにこっちは引き取りすらしてくれない!ということも…。それぞれの業者の特徴を知って、適切な業者選びをしましょう。

10社比較を見る

福ちゃん

100万点以上の買取実績がある買取専門店。査定金額の高さではトップクラスと評判です。独自の販路を持ち、特に海外への輸出に強いので、古いものやシミ・汚れのあるものでも買い取れます。

バイセル

全国どこでも無料で出張買取をしてくれて、見積りや相談、査定手数料も無料です。持ち込み買取の場合は完全予約制なので、プライバシーを保って買取査定をしてもらうことができます。

着物買取プレミアム

着物買取プレミアムは、問い合わせから最速30分で駆けつけるというスピード出張買取がアピールポイント。もちろん、査定金額の高さにも自信があります。独自の流通ルートがあり、一度に大量の着物を買い取ることも可能です。

おたからや

コロッケさんのCMでもおなじみの買取業者である、おたからや。全国に多数の店舗を持っているので、店頭買取の持ち込みがしやすいのが大きなメリット。同業者からの買取も行っており、同業者が認める信頼度の高い業者です。

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤーは、ボロボロになった着物でも買い取ってくれる業者です。海外へ毎月数十万トンの商品を輸出する業者で、買取と販売の実績は豊富。全国に336名のプロ鑑定士を配置しており、全国で出張買取を受けられます。

たんす屋

日本最大規模の着物リユースショップ。売上高、店舗数ともに日本一で、国内販売に強く、買取も大量に行っています。汚れてしまった着物も綺麗にクリーニングしてリユースすることができるので、買取を行う前にクリーニングする手間がかかりません。

ザ・ゴールド

各種テレビ番組でも取り上げられている会社。着物のプロが適正価格で査定をしてくれます。着物市場の最新の動向を反映させた査定にも注目。口コミにもあるように、接客対応の丁寧さはトップクラス。初めて着物買取を依頼する方でも安心です。

菊乃屋

菊乃屋は、着物の買取を専門にしている業者で、着物が大好きな女性専門スタッフが査定をしてくれます。査定額に納得したら、すぐに代金を振り込んでくれます。口コミ情報からは、顧客にとても親身になって相談してくれるサービスのよさがうかがえます。

ヤマトク

ヤマトクは、宅配買取で年間10,000件以上の実績がある着物買取業者です。正絹以外の着物の買取OKなので、化繊やポリエステルの着物の査定も気軽に依頼してみましょう。値段がつかないものでも、責任を持って処分をしてくれます。

久屋

こちらも着物の宅配買取を専門としている業者です。和装関連のものなら何でも買取OKなので、和装小物の処分なら久屋に相談してみるといいでしょう。ブランド品や作家もの、伝統工芸品については、相場よりも高い金額で買取をしてくれます。

ファンタジスタ

アンティークから作家ものまで、幅広い着物の買取を行っているファンタジスタ。代表取締役である入内島氏が全ての査定と買取を行っており、確かな鑑定眼による査定を受けられます。低価格帯の商品も歓迎してくれるので、気軽に依頼できます。

呉服買取センター

高級呉服の査定や買取に強いのが呉服管理センター。京都で50年以上も着物の卸業を続けてきた老舗で、現在の二代目オーナーは着物コレクター。業界内でもその知識が信頼されていて、無名な作家でも価値をしっかりと査定してくれます。店頭持ち込みの商品はその場で査定して、すぐに買取をしてくれます。

きなり

着物の買取・販売が専門の福島県郡山市のリユースショップです。きもの文化検定取得のスタッフが6人在籍していて、経験豊富なベテランが正確に着物の価値を査定。特に高級着物に関しては他店よりも高額で買い取る自信があるようで、高額買取の対象になる作家や伝統工芸品のリストも公開しています。

なんでもん

和装関連の商品を全般的に買い取ってくれるのが「なんでもん」。拠点を金沢に置いており、宅配買取でのサービスを提供しています。伝統文化の根付く街だからこその鑑定眼で、作家ものや伝統工芸品などの高級着物にも対応しています。価値の高い着物の査定でも安心してお願いできます。

着物から帯まで合計20点の査定額best3!

1位福ちゃん
106,000円
2位京都呉服買取センター
101,000円
3位ファンタジスタ
83,000円

見積合計金額が高かったお店BEST3